住宅の設備を向上させるならリノベーションを利用しよう

両手に模型を持つ男性

地域による不動産売却動向

電卓とお金と模型

東京では再開発を伴って、大型マンションの建設が進んでいます。老朽化したビルを取り壊して、新たにマンション建設をするケースも多いものです。その買い替えのためにマンション売却を行うケースもまた増えています。不動産相場が上昇していることもあって、マンション売却を有利に進めることができる土壌があります。さらに東京では、不動産投資のために購入したマンション売却を行うケースも出てきています。地価が上昇していることとローン金利が低いことから、購入需要も多いものです。また、地方都市から東京へ移り住む高齢者も増えています。利便性が高く、買い物環境や医療施設が近場で充実しているような物件を求めて転入しているわけです。

活況を呈している不動産環境ですが、今後の展開としては東京でのマンション売却は難しくなると予測されています。と言うのも、少子高齢化と結婚年齢の高齢化が進むことによって、マンションの購入需要が減少すると考えられているからです。中古マンションが市場に溢れることで値下がりのリスクも指摘されています。それを踏まえて、今のうちにマンション売却しておこうという動きも強まっているわけです。その供給量が消化されなくなると、相場の下落が予測できます。その点も考慮して売り出しマンションが増えているとも考えられています。これから購入する人は、少しでも資産価値の落ちにくいようなエリアを探すことが必要になると考えられています。